読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三千円で買える中華イヤホンSenfer UEsが明らかにクラスを超越している件について

中華イヤホンを物色していたところ、Senferのイヤホンの評判がよく、UEsという、BAx1、DDx1のイヤホンを購入しました。

 

 

f:id:whiteunyora:20161010235834j:plain

左がケーブル。MMCXケーブルというこの価格でまさかの物が付属。

f:id:whiteunyora:20161011000022j:plain

ポーチを開けてみた。イヤホン本体と、イヤーピースが付属。

f:id:whiteunyora:20161011000134j:plain

本体。何この質感! 三千円!?

 

で、早速試聴してみました。

音場広!

三千円でまさかまさかです。これに明らかに音場の広さで買っている機種は、たとえばソニー

 

 

このクラスになってしまいます。

音は上から下までかなりフラット。暖色系というよりは寒色系。野太いサウンドなら他のイヤホンが候補に挙がりそうです。

低域をしっかり出すにはイヤホンを耳にぴったりと合わせる必要があります。ユニットが大きいので実はこれが慣れるまで難しかったですね。

イヤーピースをコンプライに変更。装着時に少し耳たぶをひっぱって挿入。後はシュアがけ。これで、フィットしてくれました。

 

性能を考えると普通に1,2万クラスの音です。癖が無い音で聞き飽きません。

個性を求めると色んなイヤホンが選択肢に上がってくると思いますが。

中華イヤホンのコスパに驚かされました。当分はまりそう! 現在のメインイヤホンです!